個人事業主の場合は青色?白色申告?

アフィリエイト報酬の正しい確定申告の方法とアフィリエイトで個人事業主から法人化するまでの体験をお伝えします。

HOME|アフィリエイトで確定申告|個人事業主の場合は青色?白色申告?

個人事業主の場合は青色?白色申告?

青色申告と白色申告。

何が違うの?っていうのですが、まず青色申告は青色申告控除っていうのが受けられるので、帳簿付けをしてでも青色申告にしておいた方が絶対にお得ですよ!

と私は言いたい。

青色申告と白色申告の比較とメリット・デメリットをまとめてみました。

  青色申告 白色申告
帳簿 キチンとつける必要がある
青色申告時に青色申告書で提出
簡易的なものでOK
申請 青色申告申請書は事前に提出する必要がある 開業届だけでOK
申告期限 3月15日厳守 郵便で出す場合消印有効 3月15日以降でもOK
控除額 税金の控除額が65万円 控除はなし
赤字くりこし 3年間で可能 繰り越しはできない

帳簿付けって面倒ですけど、白色申告でも最低限の資料は取っておく必要がありますからね。

帳簿付けは今はフリーの会計ソフトとかもあるので、ちょっとした経理の知識や本を片手に経費を入力して、損益計算書、貸借対照表をつくって、確定申告時に持っていけばあとは税務署にいる税理士さんが青色申告での確定申告のお手伝いをしてくれます。

面倒な用ですが。ある程度の経理の知識は経営者となるにしても必要ですし、
個人事業主の時点で、経理の知識くらいはさくっと身に着けておいた方が後々役立ちます。

よく、『経理の人間にお金を使いこみされていた。』

なんて事件やニュースがありますが、あれば使い込みされる方も悪いと思うんですよ。
きちんと定期的に通帳や現金をみたり、経理の入力内容をチェックしないから大金を持ち逃げされるんです。

最低限の経理の知識うんぬんだけでなく、お金の管理をするということを丸投げし過ぎなのはそもそも間違いです。

ある程度報酬が増えてきたら、税理士さんに任せるとしても、最低限の経理の知識はあって損しません。自分で帳簿入力をするのはだるいですが。

1年間まとめてやるとかではなく、毎月やっておけば、そんなに大変ではないはずです。

だって、アフィリエイトに必要な経費って限られてますから。
サーバー代、ドメイン代、消耗品費、取材費、そんな程度ですよね。

それを自分でやって年に一回、税務署で税理士さんにチェックしてもらって青色申告で提出するだけで、65万円の控除と赤字繰り越しまでできるんですから。

65万円分の仕事だと思えば、安いものです。

ちなみに、法人化して税理士さんに経理をやってもらうメリットは、個人事業主ではできない節税などができますし、個人事業主よりさらなるメリットがあります。

法人化にはだいたい23〜30万円くらい費用が掛かりますが、年600万円程度の売り上げが出てきたら法人化を考えた方がいいですよ。

アフィリエイトで確定申告
無申告だと損する可能性も?
個人事業主の場合は青色?白色申告?
青色申告を自分でするには?
青色申告を自分でする際の注意
市区町村の青色申告の指導を受ける
経費として申告できるもの
法人化のメリットデメリット
個人事業主から法人化するタイミング
法人だからできる節税対策
アフィリエイトで税務調査が入る?
アフィリエイトに強い税理士の探し方
ITに強い税理士さんにお願いしよう
クレジットカードを上手く使おう
アフィリエイトのためのキャッシュフロー
アフィリエイト報酬のための経理
キャッシュフロー、現金の管理
個人の財布と会社の財布
アフィリエイトを事業として継続するコツ
自分でやるか他人に任せるか?